サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、「分散投資」「インデックス投資」「グローバル企業」。OLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式銘柄に広く分散投資することが良いと思われます。
サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び TOP  > 

[サラリーマン・OLにおすすめの株式投資]株式会社に投資するとなぜ儲かるのか





株式投資をしているのに、知らないサラリーマンやOLの方もいるようですが、
企業が稼ぎ出す「純利益」はすべて株主に帰属します。つまり株主のモノです。
毎年、莫大な純利益を生み出す優良企業の株式を保有していれば、保有株数分の純利益が自分の取り分ということです。
この「純利益をもらえる権利」が「株」です。
そして、この「純利益をもらえる権利」が現在1株いくらで売買されているかという価格が株価です。


当期純利益分がすべて配当に回されれば配当性向100%になり、純利益分がすべて株主に還元されたわけですが、
そうでなければ、稼ぎ出された純利益は利益剰余金(内部留保)として資本に蓄積されていきます。
つまり株主資本が増えるということです。
資本が増えた分、新たに設備投資され、さらに純利益が増えていくことは、株主にとって「純利益をもらえる権利」の価値が上がることを意味します。
つまり、それは株式価値の向上です。
長期的に株価は株式の価値が反映されていくものなので、株式の価値が上がれば株価が上がることになります。

長期的な株価の上昇も、増配も「企業活動の成果によって稼ぎ出された利益が資本へ蓄積される」ことによって生じるものです。
だから、毎年手堅く利益を稼ぎ出す優良企業への株式投資は儲かるのです。

手堅く利益を稼ぎ出す優良企業の選び方 >>








カテゴリ:株式投資とは |

株式銘柄の選び方で重視すべき指標





世界の長期投資家は、「その企業が将来にわたっていくらの現金を生み出す能力があるのか」を重視しています。

望ましいと考える企業は、強力な無形資産を持ち、高い利益率を維持する優良企業です。
その中でも、潤沢なフリー・キャッシュフローを創出する優良企業がありますが、長期投資家が銘柄選びで重視すべきはそのような企業です。

フリー・キャッシュフローは、実際に企業が稼いだ現金で、設備投資額などの費用をすべて支払った後に残る資金です。
投下資本利益率が高ければ高いほど、営業利益をより効率的にフリー・キャッシュフローに転換することができます。
利益はあくまで会計上の数字であって、実際に使えるキャッシュではありません。
フリー・キャッシュフローは、配当や自社株買いなどのかぶぬし還元、債務の返済、買収などの投資に使えることができるキャッシュです。
フリー・キャッシュフロー創出力を重視するのはそのためです。

フリー・キャッシュフローの創出力だけでなく、そのフリー・キャッシュフローを作り出すシステムが非常に強固で、永久に揺るがないような企業が魅力的です。
望ましい投資対象は、債券よりも多くのキャッシュを安定的に創出し、かつフリー・キャッシュフローを成長させる仕組みのある割安な銘柄。

ブランド力、特許、商標権などの無形資産に基づく圧倒的な競争優位性と財務力を持ち、構造的な裏付けを有する長期成長力を背景とフリーキャッシュフロー創出力に対して株価が割安な銘柄です。
このような銘柄には、その性格上、低ボラティリティかつ長期に安定的に事業収益を稼ぐことが期待できます。
また、安定的に株主価値の成長が期待できるとも考えられます。

フリー・キャッシュフロー創出力のある優良株式銘柄の選び方






カテゴリ:株式投資 銘柄 |

株式投資は優良株式の保有数を増やすゲームである





資本主義では数がモノを言います。
株式市場は、「売り買いを繰り返す価格取引屋」が大多数派ですが、
株式市場で資産を増やすには、「いつ売るか」ではなく、
「いつどの企業の株を買い、保有株数を増やすか」が重要であることに気づかなければなりません。

「保有株数を増やす」ことが、資本主義の中で資産を増やす最大の方策になり得ます。
配当を再投資するのも、「保有株数を増やす」ためです。

キャッシュを生み出し続けることができる優良企業の株式を保有することは、その優良企業のオーナーになるということです。
ビジネスの何分の1の事業を分け合っているということです。

株式投資をしているのに、知らない投資家もいるようですが、
企業が稼ぎ出す「純利益」はすべて株主に帰属します。つまり株主のモノです。
毎年、莫大な純利益を生み出す優良企業の保有株数分の純利益が自分の取り分ということです。

その当期純利益がすべて配当に回されれば配当性向100%になり、純利益がすべて株主に還元されたわけですが、
そうでなければ、稼ぎ出された純利益は利益剰余金(内部留保)として資本に蓄積されていきます。
つまり株主資本が増えることを意味します。

長期的な株価の上昇も、増配も「企業活動の成果によって稼ぎ出された利益が資本へ蓄積される」ことによって生じるものです。
だからROE(株主資本利益率)の推移が重要になるのです。

優良株式の保有数を増やすには






カテゴリ:株式投資とは |

おすすめの株式投資 -新しい選択肢「ETF」-





世界中でETFのプレゼンスが高まっています。
ETFは、革新的な株式投資のツールとして、たくさんの可能性を秘めています。


数十、数百銘柄の株式銘柄をパッケージ化した金融商品のETF
ETFは、日本国内だけでなく世界の国・地域の株式に投資を行うことが可能な株式投資ツールです。
また、ETFが組み込む資産は、株式だけでなく 債券、不動産、商品と多岐にわたっています。



ETFなどの金融商品 及び株式投資の知恵を学び、知識を蓄えることによって、自らの力で投資してお金を増やす能力がつき、同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報や、いろいろな投資・金融商品の情報に触れ、
できるだけ早く投資の知恵を身につけることが大切です。


サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

インデックス投資と海外ETF【おすすめ株式投資】

世界を代表するブランド力のある企業に株式投資




カテゴリ:株式投資方法 |

サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び





サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、
「分散投資」
「インデックス投資」
「グローバル企業」

です。

まずOLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。
また、小額でも幅広く銘柄を分散投資できることも重要です。

株式投資のリターンは分散投資しなくても得ることはできますが、株式投資のリスクは分散しないとリスクヘッジできないことが多いといわれています。
銘柄を分散することで保有銘柄(ポートフォリオ)全体の価値下落を緩和できる可能性があるのです。

リスクをコントロールするには、日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式に広く分散投資することが良いと思われます。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
ポートフォリオ理論の教えで、「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉があるように、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある株式銘柄に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら株式投資が行えるということです。


株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」

世界中の企業の株式に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の株式銘柄に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも海外ETFという運用ツールがおすすめです。
海外ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の企業の株式銘柄に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも国内証券会社で海外ETFを買付できます。

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品価格、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。

海外ETFとは、海外の証券取引所(ニューヨーク証券取引所など)に上場されているETFのことで、日本国内のネット証券などで手軽に買付けることができます。




カテゴリ:株式投資方法 |