サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、「分散投資」「インデックス投資」「グローバル企業」。OLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式銘柄に広く分散投資することが良いと思われます。
サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び TOP  >  2037年12月

おすすめの株式投資 -新しい選択肢「ETF」-





世界中でETFのプレゼンスが高まっています。
ETFは、革新的な株式投資のツールとして、たくさんの可能性を秘めています。


数十、数百銘柄の株式銘柄をパッケージ化した金融商品のETF
ETFは、日本国内だけでなく世界の国・地域の株式に投資を行うことが可能な株式投資ツールです。
また、ETFが組み込む資産は、株式だけでなく 債券、不動産、商品と多岐にわたっています。



ETFなどの金融商品 及び株式投資の知恵を学び、知識を蓄えることによって、自らの力で投資してお金を増やす能力がつき、同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報や、いろいろな投資・金融商品の情報に触れ、
できるだけ早く投資の知恵を身につけることが大切です。


サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

インデックス投資と海外ETF【おすすめ株式投資】

世界を代表するブランド力のある企業に株式投資




カテゴリ:株式投資方法 |

サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び





サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、
「分散投資」
「インデックス投資」
「グローバル企業」

です。

まずOLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。
また、小額でも幅広く銘柄を分散投資できることも重要です。

株式投資のリターンは分散投資しなくても得ることはできますが、株式投資のリスクは分散しないとリスクヘッジできないことが多いといわれています。
銘柄を分散することで保有銘柄(ポートフォリオ)全体の価値下落を緩和できる可能性があるのです。

リスクをコントロールするには、日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式に広く分散投資することが良いと思われます。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
ポートフォリオ理論の教えで、「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉があるように、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある株式銘柄に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら株式投資が行えるということです。


株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」

世界中の企業の株式に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の株式銘柄に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも海外ETFという運用ツールがおすすめです。
海外ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の企業の株式銘柄に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも国内証券会社で海外ETFを買付できます。

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品価格、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。

海外ETFとは、海外の証券取引所(ニューヨーク証券取引所など)に上場されているETFのことで、日本国内のネット証券などで手軽に買付けることができます。




カテゴリ:株式投資方法 |

インデックス投資と海外ETF【おすすめ株式投資】





「ETF(上場投資信託)」は、何かしらのインデックスの値動きに連動するように設計されているファンドです。
インデックスとは簡単に言うと市場平均に投資するということです。
市場平均というのは、日本の株式であれば日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのことを指します。
米国株式であればS&P500インデックス という指数があります。
米国株で日本で最も有名な株価指数は「ニューヨークダウ」というのがありますが、ニューヨークダウは米国企業の大型株30社銘柄のみですが、一種の市場平均です。
そして世界の株式市場全体の株式指数では、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス という株式指数もあり、これは世界の株式市場の平均です。
インデックス株式投資とは、こういった市場平均の株価の値動きに連動するように設計されているインデックスファンドに投資する株式投資の手法です。


ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。
海外ETFとは、海外の証券取引所(ニューヨーク証券取引所など)に上場されているETFのことで、日本国内のネット証券などで手軽に買付けることができます。

ETFを使えば、米国株も日本株もBRICs株もアセアン諸国の株式投資も外国債券投資も世界の不動産(REIT)投資にも、といった国際分散投資が比較的少額で実現します。
ETF各銘柄は、数千~数万円程度から投資できます。
特にETFの運用コストは通常の投資信託より低めで、売買コストは株式と同等です。


株式海外ETF

ニューヨークダウやS&P500、TOPIX、日経平均、ブラジル株式、中国株式など世界中の株式指数に連動したETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。
こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。




カテゴリ:株式投資方法 |

インデックス株式投資は なぜ有効なのか





投資のプロである証券会社などのファンドマネージャーなどは、あらゆる分析などから投資する株式銘柄を決定していますが、中長期的に市場平均のリターンを上回る成績を残せるプロのファンドマネージャーほとんどいないといわれています。
これは、プロのファンドマネージャーの実力が無いというこではなく、マーケットの中でプロ中のプロ同士が壮絶な競争をしているからこそなのです。
プロ同士の競争の結果が市場平均になるわけですから。
そんなマーケットの中で、株式投資の初心者が割安と思われる銘柄を見つけ出して買っても、そうそう利益は見込めないでしょう。
たまたま運よく短期的に株価が上昇しても中長期的には難しいと思われます。

そうであるならば、いっそのこと個別の株式銘柄を選んで買うのはやめて、プロ同士の競争の結果である株式市場の平均を買ってしまえばよいのでは という考え方がインデックス投資です。
株式市場平均をまるごと買ってしまえば、市場平均(インデックス)のリターンを享受でき、中長期的に、多くのプロのファンドマネージャーの成績を上回れるということです。

これは、日本の株式投資だけではなく、米国株式投資などの外国株式投資でも同じです。
また、中国株式やその他のエマージングマーケットの株式投資にもあてはまります。




カテゴリ:株式投資方法 |

株式投資はなぜ儲かるのか





株式投資で儲けが出るときというのは以下の2つです。

①株を売却したときの売却益(キャピタルゲイン)

②配当金が振り込まれたとき(インカムゲイン)


①は買ったときの株価より売却したときの株価が高ければ売却益がでます。
②の配当金は、企業が儲かったときに株主(投資家)にくれる分け前のことです。


そもそも株式投資とはどういうことなのか?

株というのは、企業が「儲かったら分け前をあげるからとりあえずお金を出してくれ」
というようにお金を出してくれる人を募集しています。
そして実際に企業が儲かったら分け前を株主にだしてくれますが、それを「配当」といっています。
配当は年に1度出す企業もあれば、半期に1度や四半期に1度出す企業もあります。
また、儲かっていない企業は「無配当」といって配当が出ない企業もあります。

株式投資をするということは、その企業の将来性を信じてお金をだすことによって、その企業を応援することでもあるわけです。


ところで①の株を売却したときの売却益(キャピタルゲイン)は、売却しなければどんなに株価が上昇しようと儲けることができません。
②の配当金(インカムゲイン)は、配当を出す企業の株式を保有しているだけで配当金が振り込まれます。

逆に株を売買して損をするときというのは、買ったときの株価より売却したときの株価が低ければ売却損がでます。




カテゴリ:株式投資とは |