サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、「分散投資」「インデックス投資」「グローバル企業」。OLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式銘柄に広く分散投資することが良いと思われます。
サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び TOP  >  株式投資方法 >  サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び





サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、
「分散投資」
「インデックス投資」
「グローバル企業」

です。

まずOLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。
また、小額でも幅広く銘柄を分散投資できることも重要です。

株式投資のリターンは分散投資しなくても得ることはできますが、株式投資のリスクは分散しないとリスクヘッジできないことが多いといわれています。
銘柄を分散することで保有銘柄(ポートフォリオ)全体の価値下落を緩和できる可能性があるのです。

リスクをコントロールするには、日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式に広く分散投資することが良いと思われます。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
ポートフォリオ理論の教えで、「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉があるように、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある株式銘柄に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら株式投資が行えるということです。


株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」

世界中の企業の株式に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の株式銘柄に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも海外ETFという運用ツールがおすすめです。
海外ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の企業の株式銘柄に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも国内証券会社で海外ETFを買付できます。

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、債券指数、商品価格、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
簡単に言うと、「株のように株式市場で売買される投資信託」という金融商品です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。

海外ETFとは、海外の証券取引所(ニューヨーク証券取引所など)に上場されているETFのことで、日本国内のネット証券などで手軽に買付けることができます。




カテゴリ:株式投資方法 |