サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び

サラリーマンやOLの方におすすめの株式投資と銘柄選びのキーワードは、「分散投資」「インデックス投資」「グローバル企業」。OLやサラリーマンの方が株式投資をする場合、株式投資のリスクを分散するためには、幅広い株式銘柄の分散が必要になります。日本国内の企業の株式銘柄だけでなく、世界中の企業の株式銘柄に広く分散投資することが良いと思われます。
サラリーマン・OLにおすすめの株式投資と銘柄選び TOP  >  株式投資 銘柄 >  生活必需品セクター銘柄への株式投資

生活必需品セクター銘柄への株式投資





グローバル市場で活躍する世界的な優良企業の銘柄の中でも、生活必需品セクター銘柄への株式投資がおすすめです。
生活必需品セクター銘柄への株式投資は、海外ETFを利用すればETF 1銘柄で少額からでも幅広く分散投資が可能です。


生活必需品セクター銘柄がなぜおすすめめなのか

現代社会のなかで生きていくには、消費者は最低限の支出を伴っていかなくてはなりません。
そのなかで、どういったものに支出が振り分けられると考えた場合、「生活必需品」に関連した商品やサービスの利用が必要になってくるでしょう。
具体的には、食料品、トイレットペーパーや洗剤などの日用品などが挙げられます。
こうした物やサービスの提供を行っている企業郡は、部門全体で「生活必需品セクター」といわれます。
株式市場でディフェンシブ銘柄ともいわれています。
以上のことから生活必需品セクターや生活必需品銘柄株は不況下でも比較的強いといわれています。


生活必需品銘柄の株式投資方法

生活必需品セクター銘柄は、日本国内だけでなく、世界中の優良企業から選び、投資するのがよいのではないでしょうか。

具体的な個別銘柄は、ネスレ、プロクターアンドギャンブル(P&G)、フィリップモリス、アルトリアグループ、ファイザー、ウォルマート、ペプシコ、コカコーラ、クラフトフーズ、キンバリークラーク、JT、ユニリーバなどのグローバル企業で、OLやサラリーマンの方にもなじみのあるブランドを扱う企業ばかりだと思います。


世界の生活必需品セクター企業の株式に投資する海外ETF(海外の証券取引所に上場されている投資信託)に投資するという方法があります。

iShares S&P Global Consumer Staples (KXI)
iシェアーズR S&P グローバル生活必需品セクター・インデックス・ファンド
という海外ETFがあります。
S&Pグローバル生活必需品セクター・インデックスへの連動を目指すETFです。
組み入れ銘柄には、食品の製造業および、販売業者、非耐久家庭用品の製造業者、食品/衣料品、小売業者が含まれます。
このETFは、世界的な優良生活必需品セクター企業の銘柄 約100銘柄を組み入れているETFです。
この海外ETFを1本を購入すれば世界中の生活必需品セクター株式に投資していることになります。

これらの生活必需品株式銘柄や生活必需品セクター海外ETFは、日本にいながら簡単に購入することが可能です。


下の図は、上記で紹介した海外ETF iShares S&P Global Consumer Staples (KXI)とニューヨークダウ(米国を代表する30銘柄)と日経平均株価(日本を代表する企業225銘柄)の株価を比較したチャートです。
このチャートからも、世界を代表する生活必需品セクターがどれだけ強いかがわかると思います。

2013.04.29現在、iShares S&P Global Consumer Staples (KXI)の株価は $84.95 です。
楽天証券などのネット証券で買付することができますが、楽天証券の場合、最低買付け口数が1口。
これに売買手数料がかかりますので、$1=100円くらいのレートだと1万円強の資金で買付けできます。

ブルーがKXI レッドがニューヨークダウ イエローが日経平均株価
生活必需品銘柄

世界を代表するブランド力のある企業に株式投資
食料とエネルギーとヘルスケアセクターの株式投資
外国株式投資 セクター別ETFの利用




カテゴリ:株式投資 銘柄 |